よくある質問「労務対策Q&A」

Q1 中小企業でも労務対策って必要なの?

A1 中小企業だからこそ労務対策は必要です。労働者不足が問題になっている現代で、人材を獲得し、人材をス
   キルアップさせ、長期間に渡って働いてもらうためには、職場の労務問題に対して適切な対応が必要になり
   ます。

Q2 労務対策って具体的にどうするの?

     

A2 一口に労務対策と言っても、方法は様々です。職場環境・賃金体系・就業規則等の変更など対応策は会社の
   現状によって異なります。まずは、御社の現況をお話しいただけますでしょうか。

Q3 能力が低い社員に辞めてもらいたいのだが、解雇は可能か?

     

A3 合理的な理由が存在し、社会通念上相当と認められる場合を除き解雇は認められていません。屁理屈で
   作った理由ではダメということです。ただし、法律や判例を見ても画一的な判断はできません。一度、弊社に
   ご相談ください。

Q4 辞めた従業員にも賞与を支払わなければならないのか?

A4 賞与には、賃金の後払い的な要素と会社の成果配分・報償的な要素があります。法的な定義は無いので賞
   与の支給基準は会社の判断に任せられています。ですので、就業規則でルール化すれば問題はありません。
   弊社では就業規則の作成・改正代行も取り扱っていますので、一度ご相談ください。

Q5 36(サブロク)協定の届出は必要ですか?

A5 36協定とは時間外・休日労働協定のことです。法律では週40時間超の労働及び休日(週1日)の労働は禁
   止されており、違反すれば事業者が罰せられます。罰則を回避するには、36協定を労使間で結び、その協定
   書を労基署に提出する必要があります。弊社でも作成代行をおこなっていますので、一度ご相談ください。

Q6 当社はホワイト企業だから労務対策などしなくても大丈夫ですか?

A6 俗に労働環境が劣悪な企業をブラック企業、それ以外の企業をホワイト企業と言いますが、ホワイト企業だ
    からと言って従業員が不満を持っていないとも限りません。早い段階での労務対策が、従業員の早期離職
    回避の対策にも繋がります。

Q7 労務対策の料金って高くないの?

A7 経営コンサルタントに頼んだ場合、驚くような金額を提示されている企業が沢山あるとよく聞きます。我々
    は、財務を初めとする企業サポートのサービスの一環として考えていますので、他社と比べて安価でご提供
    できます。

♦上記に限らず様々な取組をしておりますので、人事労務に関することで疑問に思われることがございましたら、

 当社の担当にお気軽にお声掛けください。専門スタッフがお伺いし、ご相談に乗らせていただきます。    

事務所概要

事務所名社会保険労務士法人 アイリスパートナーズ
代表社員牧村 康彦
所在地〒5640063 大阪府 吹田市 江坂町1-23-101大同生命江坂ビル12階
電話番号06-6337-9340
FAX番号06-6337-9355
業務内容
・労務管理(社会・労務保険手続き)全般および労務相談業務
・助成金申請に関する手続き全般